剃ると濃くなるという噂

こんにちは。
髪へのノンシリコンシャンプーの利用やスタイリング、気になる無駄毛の脱毛、ヒゲの処理など、皆さん様々な体毛の悩みに立ち向かっていることと思います。

さて、無駄毛を剃ると濃くなる、という噂は有名ですよね。
スネ毛に悩む人なら一度は耳にしたことはあるかと思います。
そんな噂を聞いてしまって、いつも行っていたカミソリでのスネ毛処理を続けるべきか否か・・・と悩んだこともないでしょうか?
とはいえ、剃ると濃くなるなんて言われても処理しないわけにはいきませんし、濃くなった分また剃ればいいかな、なんて開き直ることもできますが。

改めて説明させていただきますが、無駄毛を剃ると濃くなるなんていう噂は、やはり噂でしかありません。
カミソリで剃ることでスネ毛が更に増えるという事実はありませんので、まずはご安心ください。

けれど、剃ったことで再び生えてきたスネ毛が濃くなっている気がする・・・ということはあるかと思います。
これはスネ毛が増えたためでなく、毛先が太くなっているために感じることです。
ただこれに関しても、剃ったことでスネ毛が太く変化したというわけではありませんので、悪しからず。

何も行っていない状態の無駄毛は、根元から毛先にかけて円錐状に細くなっているものです。
しかし、剃ると肌表面の太い位置で鋭利に切断され、その太さのまま再び生えてきます。
すると、円錐状だった無駄毛が円柱状に。
剃ると濃くなるという噂も、この現象からそのように勘違いされるようになったと考えられますね。

スネ毛で悩む男性

スネ毛で悩む人は女性にも多いですが、実は男性の方が深刻に考えている場合も非常に多いのです。

最近の男性は女性に少し毛を足したくらいの薄い体毛になってきているイメージもありますが、実はスネ毛がすごく濃くて、人知れず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。特に太ももの裏表にまでびっしりと生えている人の場合、すごく悩んでいるかと思います。

女性でも体毛が濃いと、剃ったり脱毛した部分が黒くプツプツしてしまったりして嫌なものですが、男性の場合、女性のように完全にツルツルに処理して無くしてしまうと逆に不自然ですし、適度なスネ毛の量を保ちつつも、いい感じに処理したいですよね。

剃ってしまうと体毛の切り口が斜めになるので大きくなり、次に生えてきた時に尚更太く濃く見えてしまうので、できることならカットしたり、適度に脱毛したいものです。

完全に脱毛してしまうのではなく、徐々に効果が表れる発毛抑制剤というものもあるので、女性はもちろん、男性なら特にそういったものを使うと自然に除毛できていいのではないでしょうか。

女性も男性も、体毛が濃いことは結構悩みの種ですよね。

最近は女性だけに限らず男性でも脱毛サロンなどで脱毛する人が増えているそうですから、あまり深刻に考えずに、問い合わせて相談してみるのもいいと思いますよ。

スネ毛だけじゃなく、胸毛や腕毛の濃さにも悩んでいる人がいますから、自分だけだと思わずにキチンとした処理方法を行って、キレイに処理していきたいですよね。

気になるスネ毛・・・

スネ毛って意外と目立つもので、徳の女性にとっては必要性を全く感じない体毛のひとつですよね。

最近では女性だけじゃなく男性でも、濃すぎるスネ毛に悩み、脱毛しようと考える人が多いそうです。
脱毛しようと考えるのは女性だけだった時代ではなくなってきているということですね。

確かに男性に対してもスネ毛って結構気になる要素ですし、濃すぎると目がいってしまうもの。
そんなスネ毛に対する女性の厳しい意見のせいで、気にしてしまう男性が増えたのかもしれませんが・・・。

気になるスネ毛は手軽に使える脱毛器がおすすめです。

もちろんどんなに性能のいい脱毛器であれ、使用前使用後のケアは欠かせません。

特に使用後の肌の炎症を抑えるために、ケア用品を使うことは絶対です。

肌の炎症が起きているところからばい菌が入ったりすれば、化膿したりかゆくなったりして、尚更スネ毛が生えていたところが目立ってしまう恐れもありますからね。

また、処理した後に肌が鳥肌のようにぶつぶつになってしまっていると、もう処理したことがバレバレで、それもまた少しみっともないイメージを与えてしまいます。

特に女性なら、スッキリツルツルの毛穴が見当たらない肌に憧れますから、男性以上にしっかりと肌をきれいケアしていかなければいけないでしょうね。

最近は男性もスキンケアなどに力を入れている人が多いですが、身体のムダ毛に対してもしっかりとスキンケアしていきたいものですよね。

スネ毛を目立たなくするには?

スネ毛を全くなくす方法と言えばやっぱりサロンなどで行う「脱毛」ですよね。

とはいえ、1回の施術で済まないことと、その費用がかなりかかってしまうことを考えると、なかなか簡単に踏み切れません。

ですが、スネ毛は邪魔。

・・・となるとスネ毛を目立たなくさせるという方法はどうでしょうか。

できればすぐに処理したいものですが、せっかく念入りに処理してもまたいつの間にかすぐにはえてくるスネ毛にイライラしつつも、忙しい毎日でそんなことにまで毎回手が回らない!!となればおすすめなのが脱色してしまうという方法。

間近で見ていれば簡単にバレてしまいますが、ぱっと見は目立たないので黒いスネ毛に比べれば少しはマシになると思います。

そしていざという時の前や、時間に余裕がある休日などにしっかりと脱毛器やシェーバーやカミソリなどでケアしながら剃ったりしてしまえばいいのです。

スネ毛は男性の場合でも濃くて悩んでいる人が沢山います。
男性の場合は特に脱色がおすすめだと思います。

白髪の場合は例えば今話題の利尻ヘアカラーなどでごく自然に染めたりしているのですから、スネ毛だって染めてしまってもおかしくないはずです。

白人の方などは最初から染めたような体毛をしているので、あまり目立ちませんよね。そう考えると黒髪に黒い体毛の日本人には少し不自然かもしれませんが、人間的に考えると白人のような体毛の人がいても不思議ではないはずですよね。

特に男性の場合は女性のように完璧に全て剃れば逆に不自然ですし、かと言って自然に見えるように1本1本毛抜きなどで抜くというのはかなり程遠い作業となり、大変なわけにはいきませんよね。

脱毛しに行くにはちょっと大げさだと考えている人には、目立たなくさせる脱色がおすすめですよ。

女性にはあってはならないスネ毛

女性にとって“スネ毛”とは、あってはならない存在のものですよね。
スネ毛が濃い人の場合、ベージュのストッキングからもバッチリと透けてしまう程大変なことになっています。

というよりも本来、スネだけに限らず、ワキ、腕、指、顔の濃い産毛などすべての体毛というのは必要だから生えているはずなのに、あんまり役に立っているなんて思えませんよね。

そして世の男性陣が女性のムダ毛を気にするという点からも、女性は尚更必死になって脱毛や除毛に専念しているのだと思います。世の中には様々な体毛の処理グッズが多く発売されているのもそのせいでしょうね。

女性の育毛用品が多く出回ってきた時代でも、相変わらず脱毛への関心が高いのは女性の宿命なのかもしれませんね。

特にスネというのはスカートを履いているとすごく目立つ所でもあるので、年間通してほとんど隠れている脇毛よりも処理に困っている人も多いはずです。

女性も男性も脚がキレイな人は憧れですよね。

でも、せっかく細長くキレイな脚をしているのに、スネ毛がボーボーだと誰もが幻滅してしまうでしょう。スネという目立つ所だからこそ、尚更「忘れていた」「面倒くさい」とはいっていられませんよ。

自分で処理するのであれば、とりあえずは『ケアから始まりケアに終わる』、これだけは徹底することから始めてください。

ちなみに前にも紹介しましたが、カミソリで処理したからといって体毛が濃くなることはありません。そう思ったことがある人も多いですが、断面が大きくなり太く生えてきたように見えるだけで、実際に毛が太く濃くなるわけではないのでその辺は安心して処理してくださいね。

カミソリでスネ毛を処理する正しい方法

カミソリは一般的な処理アイテム。
皆さん1度はカミソリを使って処理をした経験があるかと思います。

スネやわきなどにはえてくるムダ毛の処理は、いつもカミソリを使ってお風呂場でするという人は多いでしょう。
ところが、お風呂に入ると肌がふやけてカミソリの刃で傷を付けやすいですし、更に湿気が多いので雑菌が繁殖しやすく、肌トラブルの元になることも多いのです。

お風呂には湿気があるため、元々雑菌がたくさんいます。お風呂での処理は傷つきやすい上に、もし傷ついたらそこから雑菌が侵入しやすい状態になっているので、処理環境としては全く向いていないと言えます。

そんなときに、カミソリでムダ毛の処理をしていて肌を傷をつけたら、そこから雑菌が進入する可能性が高くなってしまいますし、その時に逆剃りなどしてしまおうものなら、尚更肌が傷みやすくなってしまうでしょう。

処理する際にはなるべく部屋などで行うべきですが、それでも処理前には肌をしっかりガードする意味でもジェルや泡などを使いましょう。それらを使うことによって毛を柔らかくする効果もあるので、正しい処理方法としては必要不可欠です。

どうしてもお風呂場じゃないとダメな場合は、シャワーや掛湯を行う前に、処理するといいでしょう。

また、逆剃りなどは絶対にせずに、生える向きにそって刃を滑らせるようにしましょう。処理した最後には必ず化粧水やクリームなどで、肌を保護することを忘れないでくださいね。

最近は女性も薄毛対策で悩まされるようになってきましたが、脱毛などと同じく処理にかかる手間は相変わらずなので無くしたり増やしたり、いろいろ大変ですよね。

スネ毛が濃い原因?

スネ毛が濃いのが悩みの方がいますが、このスネ毛が濃い原因にはやはり遺伝が大きな部分を占めていると思います。
ただ注意したいのは、スネ毛の処理を自分で処理していてそれが原因で濃くなったという人も中にはいます。

気になるからといって正しくない方法でスネ毛の処理をしていると、余計に濃くしてしまっていることになりかねないのを知っていたでしょうか。スネ毛の処理を行うにも正しい方法で行うのが大切なことになります。

あと肉や塩分の取りすぎというのも毛深くなる原因になっていたり、ストレスや不規則な生活というのも影響しているというのも聞きます。ただ元から薄い人がそうなるというより、もともとスネ毛が濃い人がこうしたことを行うことによって余計にひどくなるという場合が多いのではないでしょうか。

こうしたことに注意することも大事ですが、やはり遺伝的な要素が強いので、元から改善というのはなかなか難しいようで、やはりスネ毛をうまく処理していくことが一番良い方法ではないでしょうか。
一番簡単な方法にカミソリで剃るという方法がありますが、この方法でスネ毛を処理するには意外と知られていない適切な方法というものがあります。カミソリで剃るにしても、肌を痛めないようにきれいにスネ毛処理を行いたいですね。
次でカミソリでスネ毛をそる正しい方法を紹介したいと思います。

抑毛ローションですね毛を薄く

男性のスネ毛というとあって当然のように思われるものですが、極端に濃いと男性でも気になってしまうものです。
剃るのはなんだか恥ずかしいけど、もう少し薄くなってくれないかな?と思う男性の方もいるのではないでしょうか。

ただ薄くなってほしいと思ったところで、どうすれば薄くなるのかなんてわかりませんよね。
剃ってしまってはスネ毛が全部なくなってしまい、恥しいけどそのままにしておくのも気になる。
そうした時に利用したいのが抑毛ローションです。
抑毛ローションというのは、その成分によりムダ毛を徐々に細くして目立たないようにするためのローションです。
このローションを利用すれば、スネ毛を剃ることなく濃いのが気になるという悩みを解消することが出来ます。

ただこの抑毛ローションですが、効果が表れるまでに時間がかかります。
塗った直後に効果がでるというものではありませんので、時間をかけていく必要があるのです。
そして効果ですが、人によって個人差が出てくるのも事実です。使い続けたけど全然効果が見られなかったという声もたまに聞かれます。
あとそのような効果をもった成分が入っているので、肌が弱い人ですと赤くなってしまったなんてこともあります。
説明書をよくよんで、使用したいですね。
剃ることなく徐々にスネ毛を薄くできる抑毛ローション、もしスネ毛を剃りたくはないけど薄くしたいと思っている方にお勧めのスネ毛の処理方法ではないでしょうか。

スネ毛どうしてる?

夏になると女性だけでなく男性も薄着になりますよね。
そんな薄着になると気になるのが、スネ毛ではないでしょうか。
女性は普段からスカートをはいたりする機会があるので気になるとは思いますが、男性も薄着の季節になるとショートパンツをはいたりすると気になる部分でもあります。
薄着の季節だけでなく、女性であれば時々ストッキングから透けていたりして恥ずかしい思いをしたこともあるのではないでしょうか。

そんなスネ毛ですが、どう処理を行ってるでしょうか?
女性であれば自分で処理をしたりするとは思いますが、色々な肌トラブルの原因となっていることもあります。
男性ですと気になってはいるのだけど、どうしたらよいか迷っている場合もあるのではないでしょうか。

毛は男の特徴と思って放置している方も多いかもしれませんが、適度以上になると不潔さを感じさせてしまいます。
男性は女性よっりも無頓着な部分もあり、気づかないうちに女性からそう思われている場合もあるので気をつけたいですよね。

そんなスネ毛ですが、どう処理すればよいのでしょうか。スネ毛の処理をどうすれば良いか困っている人や、肌にダメージを与えず綺麗にスネ毛処理をする方法などを男女問わずの方法で紹介していきたいと思います。
自分で見ても人から見られても綺麗な足にするスネ毛の処理、一緒に知って美しい足を出していきたいですね。